MENU

最後の空冷モデルとなったタイプ993

ポルシェ911タイプ993は、1993年-1998年にかけてドイツの自動車メーカーのポルシェが製造販売したポルシェ911の4代目モデルになります。

 

タイプ964の後継モデルとして登場し、1993年-1998年の5年間にかけて製造販売されたモデルとなりますが、様々な点で特徴のあるポルシェ911でありました。

 

たとえば、ポルシェ911エンジンの代名詞でもあった空冷エンジンを搭載する最後のモデルとなったことです。
最後の空冷エンジンとなったのは、最高出力285PS/6,100rpm、最大トルク34.7kgfm/5,250rpmを発生する空冷 F6 SOHC 3,600ccエンジンでしたが、空冷エンジン最後のモデルとして、このタイプ993は中古車市場でも人気があります。

 

ボディの形状もかなり大きく変更しています。
まずフロントフェンダーを従来のスタイルよりも低くしてヘッドライトを傾斜させ、それに合わせてボンネット前端部分も高くしています。

 

テールエンドの形状が変更され、リアフェンダーも拡大されたため、印象が大きく変わっています。
走りに関しては、964がかなりトリッキーだったため、リアにマルチリンク式サスペンションを採用することで操縦安定性が大幅に改良されています。

 

1993年-1998年の間にも、何度か変更や改良が加えられています。
たとえば、1996年に可変吸気機構バリオラムが装備し、バルブ径の拡大とバルブタイミングが変更され、馬力がアップしています。

 

1997年にはメーターパネルやドア内貼りのデザインが変更しています。
またトランスミッションが変更され騒音を規制値に低下させています。なお、ナローから続いたタイトな室内レイアウトは、このタイプ993までとなります。

このページの先頭へ