MENU

まんま競技用!のスペシャルマシン ポルシェ911 GT3

ポルシェ911はどのシリーズも高性能スポーツカーとしての名に恥じない高性能スポーツカーですが、その中でも別格な存在なのがGT3です。

 

その時点でのポルシェ911、市販車モデルの最高の技術を投入したクルマといえばわかりやすいでしょう。

 

現行型のベースとなったのは3.6L水平対向6気筒エンジンを搭載したポルシェ911カレラで、その911カレラのエンジンを3.8Lに引き上げたのが911カレラS、さらにターボ化して出力を560馬力まで引き上げたのが911ターボSとなります。

 

GT3はこの高性能な911ターボSから、重量増の原因となる様々なパーツを取り除き、より鋭い加速やハンドリングを手にいれたのがGT3と言っても良いでしょう。

 

初代GT3は1999年に登場しました。
360hpを発揮する3.6リッターエンジンを搭載し、0-100km/h加速は4.8秒で駆け抜ける実力の持ち主でした。

 

2代目997型GT3が登場したのは2009年で、エンジンは3.8リッターに排気量が引き上げられ、馬力は435hpと大幅にアップし、0-100km/h加速は4.1秒を達成しています。

 

そして現行型の991型GT3は、最高出力475hpを叩き出す3.8リッター水平6気筒エンジンを搭載し、0-100km/h加速はついに3.5秒と4秒の壁を突破します。

 

オールアルミでできた鍛造ウィッシュボーン式サスペンションが採用され、ダンバーも軽量化のためアルミで作られています。

 

またボディの多くの部分にもアルミが使われており、従来型に比べて約13%の軽量化に成功し、ねじれ剛性は約25%向上しています。

 

またリアウィングを大型化したことでダウンフォースが20%向上しています。
インテリアに関しては、ノーマルなポルシェ911とほとんど変わりません。

このページの先頭へ