MENU

タイプ964のデザインが好き!

ポルシェ911タイプ964は1989年-1993年にかけて、ドイツの自動車メーカーポルシェが製造販売した2ドアクーペスタイルのスポーツカーで、ポルシェ911としては3代目にあたります。

 

エクステリアデザインは先代モデルタイプ930とほとんど変わっていませんが、その中身は80%を新しい部品を使って作られています。
モノコック構造に生まれ変わったポルシェ911タイプ964のボディ形状は、クーペだけでなく、ルーフパネルのみを取り外すことができるタルガや完全オープンスタイルのガブリオレなど、3つのボディタイプが用意されました。

 

ハンドリング性能に関しては、サスペンションがトーションバースプリングからコイルスプリングに変更されたことやボディ剛性が高くなったことなどにより前モデルよりは向上していますが、リアにエンジンを搭載することでリアが重くなってトリッキーな動きとなりやすく、特に後輪駆動車よりも4WDのほうが悪い癖が出てしまって評価が低くなっています。

 

1989年-1993年の間には様々なグレードが設定されましたが、大きくわけるとNAモデルとターボモデルに分けることができます。

 

NAモデルはカレラ4から始まって、260馬力を発生するエンジンを搭載したカレラRS、300馬力を発生する空冷最大の排気量である3.8Lエンジンを搭載したカレラRS3.8などがあり、またターボモデルは1991年に販売を開始し、320馬力を発生する標準のターボモデルから、豪華仕様のターボリミテッド、3.6LのM64エンジンをベースとして360馬力を発生するエンジンを搭載したターボ3.6などがあります。

 

タイプ964が販売されていた1989年-1993年の間は、928のGTモデルも発売され、ポルシェ911に肉薄する性能を発揮しました。

このページの先頭へ